トップページ > コンプライアンス
コンプライアンス
ー Compliance ー

コンプライアンス

当社および当社グループ会社は、日本医療機器産業連合会に遵守した企業行動憲章・倫理綱領を定め、グループ全体のコンプライアンス体制の構築に努めています。当社グループの取締役および社員に対し、職務の執⾏において企業の社会的責任および企業倫理を果たすため、これらを周知・徹底し、実践しています。

当社は、社会の価値観の変化に合わせ、常にコンプライアンスを念頭におく企業文化の確立をめざし、企業の社会的責任(CSR)に取り組むものとする。そのために、次の7原則に基づき、一般法令のみならず医療機器業の事業活動に関する行動基準として策定した「医療機器業プロモーションコード」、景品類の提供に関する「医療機器業公正競争規約」及び関連法規を遵守するとともに、国の内外を問わず人権の尊重と社会的良識をもって、持続可能な社会の創造に向けて自主的に行動をおこないます。

  1. 消費者・顧客の信頼と満足に応え、質の高い生活の実現に寄与するため、優れた医療機器の研究開発・生産・販売に努力し、製品の有効性・安全性の確保と安定供給を心掛けるとともに、市販後の情報収集・分析評価とその伝達を迅速に行う。
  2. 医療関連産業は公的医療保険制度と強く結びついていること、また公正で自由な競争こそが企業存立の基盤であることを認識し、遵法精神の向上と正常な商慣習の形成のため、高度な倫理観に根ざした健全で適正な事業活動に努める。
  3. 環境問題に対しては、社会共通の課題であり企業の活動と存続に必須の要件であると認識し、自主的、積極的に取り組む。
  4. 高度情報化社会に対応して、個人情報は法に則して適正に取り扱わなければならない。
  5. 経営トップは、本憲章を率先垂範し、社内のみならず、関連企業や取引先に周知徹底する。
  6. 経営トップは、従業員の多様性・人格・個性を尊重するとともに、個々の従業員の自立した行動や告発を保護し、健全な社会の実現を自らの役割と認識する。
  7. 経営トップは、本憲章に反するような事態が発生した場合は、迅速且つ的確な情報の公開と説明を行い、権限と責任を明確にした上で自らを含めて厳正な処分を行う

当社は、医療機器の開発・製造・輸入・販売に携わり、人類の健康・福祉に貢献し、質の高い生活の実現に寄与することにあります。そのためには関連法規を含め諸規約の遵守、社会の規範となることが求められております。
人口の少子・高齢化の進行や疾病構造の変化、国民の健康への意識の向上等、医療を取り巻く環境は著しく変貌しており、当社に求められる役割は極めて大きくなっている。そのため当社は、医療の一端を担う関連企業として、高度の倫理性に根ざした事業活動をしなければならない。
そして、高品質で費用対効果に優れた技術を生み出し、医療機器関連産業の発展に寄与する事により、医療の向上に貢献するとともに、社会の信頼を得るよう努めます。

  1. 会員企業は、医学を始めとする科学の進歩に応じて、優れた医療機器の研究開発・生産に努力し、適切な品質管理のもと製品の有効性・安全性の確保と安定供給を心掛け、環境問題にも配慮した事業活動に努めます。
  2. 会員企業は、一般法令はもちろんのこと医療機器業の事業活動に関する行動基準として策定した「企業行動憲章」、「医療機器業プロモーションコード」、景品類の提供に関する「医療機器業公正競争規約」及び関連法規を遵守し、高い倫理的自覚のもとに健全で適正な事業活動に努めます。
  3. 会員企業は、国内はもとより国際的な取引においても、公正で自由な競争こそが企業存立の基盤であることを認識し、特にわが国の公的医療保険制度のもとで遵法精神の向上と正常な商慣習の形成に努め、社会の信頼に応えます。